Home   Site map   Contact   お問い合わせは▶
コミュニケーションを通じてお客様に貢献する。

明星印刷工業株式会社 MYOJYO PRINTING INDUSTRY CO.,LTD.

経営方針会社概要社会的責任CSR営業部企画営業部業務実績生産部主要設備AR動画ARカード印刷ARシール印刷のぼりプリントオンデマンド印刷フォトライブラリーおもしろプリントユニバーサルデザイン販促グッズ自分史・家族史営業日カレンダー用紙の豆知識データ入稿・Mac/Win印刷の知識お問い合わせフォームお支払い方法募集 採用情報

印刷の色知識

◇4色(カラー)印刷

カラー印刷は

4Ccolor

カラー印刷のことを4色(4C)印刷とも呼びます。これらの4原色のインキを掛け合わせて刷り重ねると、さまざまな中間色になります。

 

◇モノクロ

一般的にいう白黒です。白から黒の中間を微妙なグレーの階調で表現するグレースケールと、白と黒の2色のみで表現するモノクロ2階調があります。

2Ccolor

 

◇特色印刷

CMYK以外のインクを使用して印刷します。インクメーカーでは、多くの特色インクが作られています。4色カラー以外で印刷する場合は、好みのインキを選び印刷します。特色を選ぶ場合は、4色掛け合わせでは再現できない深みのある色や、彩度の高い色を再現する場合に使用します。また、カラー4色を必要としない単色の場合に多く使用されます

 

◇特色の色指定(番号による指示)

一般的に使用する特色は、番号が割り振られ、カラーガイドで管理されています。 特色の色指示は、インクの番号で指示していただきます。弊社ではDICカラーガイド(第17版)を基に特色を作成していますので、DICカラーの番号でご指示いただくようお願い致します。

DICカラーガイドへ ▶ ※外部サイトになります

 

◇特色指示・確認の流れ

DICカラーガイドと異なるカラーガイドの場合は、カラーチップを弊社へお送りください。送られたチップを基に、弊社で色合わせを行います。※カラーガイドをお持ちでない方は、サンプルになる印刷見本を参考にご指示ください。(印刷物のこの色を希望します。と伝えていただくとその色に最も近い色をご提案いたします。)

 

◇CMYKとRGB(カラーモード)

印刷物の色は、CMYKの4原色の掛け合わせで再現されます。一方、パソコンのモニターで使われる色は、光の3原色と呼ばれているRGBで表現されています。当然印刷表現が異なります。RGBの色をそのまま出力すると、濁った色に変換されてしまいます。

 

◇RGB→CMYKへの色変換

RGBのままでは印刷に適したデータ形式ではありませんので、RGBからCMYK変換を行います。変換された後の色は、色彩領域が狭くなるため多少沈んだ色彩になります。モニターと同じ色に印刷されることはありません。

RGBからCMYKの色変換

 

◇カラーからモノクロへの色変換

カラーからモノクロ変換する場合、黄色などの色は、カラーの場合鮮やかで目立ちますが、モノクロに変換されると、うすく再現され、目立たなくなります。

 

 

自分史・家族史出版TOP ▶

お問い合わせ後の流れ ▶

チェックポイント ▶

冊子の名称と体裁 ▶

冊子づくりの基礎 ▶

お支払い方法 ▶